読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lotus memories.

ダイビング、旅行、それからカメラ

2014小笠原遠征 5日目

2014年3月12日

 

f:id:qggywo:20170214233523j:plain

はい、小笠原ダイビング最終日となっております。

 

相変わらず、生物写真より仲間内での写真が多い私たちです。

 

f:id:qggywo:20170214234315j:plain

このあと、生物写真ないんでユウゼンだけ置いときますね!青かぶりしてるけど。

 

 

f:id:qggywo:20170214234813j:plain

沈船ポイントに行きました。WW2時の日本の輸送船です。

 

f:id:qggywo:20170214234814j:plain

残骸がちらほらと。小笠原にはこういうポイントがたくさんあります。沖縄って沈船ポイント少ないですよね?

小笠原にはゼロ戦も沈んでるんですけど見てみたいものですね。

 

f:id:qggywo:20170214234816j:plain

これはガラス窓、分厚かったですね。

 

f:id:qggywo:20170215001850j:plain

安全停止中・・・

 

 

f:id:qggywo:20170215000410j:plain

ここは南島。ダイビングの途中で寄っていただきました。あのアーチをくぐって浜まで泳いで上陸するわけですが、この日はすごい波の日でした。

 

f:id:qggywo:20170215000613j:plain

上陸。もとい、打ち上げられたも同然でしたが皆無事たどり着きました。

 

f:id:qggywo:20170215000403j:plain

振り返って船を見てみると上下に大きく揺れている。波が大きいわけですね。

 

f:id:qggywo:20170215000758j:plain

南島といえばこれ。ヒロベソカタマイマイの殻。今ではもう絶滅してしまった種類なんですけど、浜一面にこの殻が落ちてます。学術的にも大変貴重なケースなんですが、ムズガシイ話は無しでね。

 

f:id:qggywo:20170215001202j:plain

見えるの全部死骸なわけです。昔々はウヨウヨ居たんでしょうかね。この殻、不思議なもので沢山見える日と余り見えない日があるそうです。砂浜の砂が風で覆い被さったりしてる影響ですが、殻自身が生きてるようですね。

この殻、天然記念物だそうで持って帰っちゃ駄目です。心無い人が持ち出すそうですが。

 

 

宿に帰ってからはダイビング最終日恒例の打ち上げをして就寝するのでした。