読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lotus memories.

ダイビング、旅行、それからカメラ

2014小笠原遠征 4日目

2014年3月11日

 

今日はダイビングしません!

アクティビティの日です。

 

f:id:qggywo:20170204225715j:plain

 この日は朝ごはん食べて船に乗って…といういつもの流れではないので浜へ散歩へ行きました。しかし、相変わらずのよそよそしい距離で。

 

f:id:qggywo:20170204230131j:plain

 この日は海渡さんというところに工芸品作りに行く組と釣りに行く組で分かれていたのですが、海が荒れており釣り船は出なかったので最終的に皆で海渡さんのところへ行きました。

 

f:id:qggywo:20170204230335j:plain

f:id:qggywo:20170204230339j:plain

 そこの看板猫?ぴゃたろうです。結構遊んでくれるんだけど、なかなか容赦なく噛んでくる。

 

f:id:qggywo:20170205004528j:plain

 その後はWW2の時、浜辺に座礁した日本の輸送船を見に行きました。濱江丸というのですが、海が満ちてしまうと水面から何かが見えている・・・?くらいのもの。

 

f:id:qggywo:20170205005034j:plain

 タイムスリップ その5: 「父島ペンション」と「ポートロイド」の小笠原通信様より引用させていただきました。こちらは1975年前後の画像だそうです。当時だと戦後30年放置されてこの姿、まだクレーンも残っているし船であることが確認できると思われます。

 

f:id:qggywo:20170205005232j:plain

 こちらは近影。船の形がしっかり残っていた1975年前後からさらに40年経っているのです。寄せては引いていく波に侵食されてしまい、今では水面に見えるのは機関部が残るぐらいになっています。

 

f:id:qggywo:20170205005628j:plain

 このとき、近くまで泳いでいったのですがスーツもマスクもゴーグルもダイビングボートに残したまま…。仕方ないので、水着のみで泳いで行きました。3月ともなれば寒いものの、まぁ泳いでいけるもので。

 それより結構荒れてるんですよね、写真見ていただければ分かるかと。それでも船を素手で掴んじゃいけませんよ、手が切れるから。

 海から戻ると浜辺に6.5mmのウェットスーツを着た人がいました。羨ましい。

 

f:id:qggywo:20170205005918j:plain

f:id:qggywo:20170205005928j:plain

 次に昨日の夜、偶然見つけた飛行機の残骸の場所行きました。私一人で。辺り真っ暗の中進んで行って突然こんなもの見つけたらびっくりしますって。

 機体に残る青色から米海軍だな、エアブレーキあるな、そんで覆うような主脚カバーはヘルダイバーかなと写真をパチパチ撮って帰りました。ダイビングに来た私たちにヘルダイバーとは。

 

f:id:qggywo:20170205011844j:plain

 お昼を食べた後はまた近所散策。錨を持つ男。

 

f:id:qggywo:20170205012410j:plain

f:id:qggywo:20170205012026j:plain

 山の上にある神社から、メインストリートを1枚。

 

f:id:qggywo:20170205012119j:plain

 山を下ったら、近所にあった「わしっこ」さんへ。ここはいいものを売っています。買い損ねたものがあるので、また買いに行きたいものです。

 

明日は小笠原ダイビング最終日。