読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lotus memories.

ダイビング、旅行、それからカメラ

2014小笠原遠征 3日目

小笠原諸島 昔話 旅行 ダイビング

2014年3月10日

 

f:id:qggywo:20170131172757j:plain

 与那国島から関空へ戻らず、羽田に渡り小笠原までやってきた私たちですが、ようやく小笠原でダイビングを開始しました。機材はまだ与那国の海水を含んでおり、既に潮くさい訳ですが。

 

f:id:qggywo:20170131173532j:plain

 ツバメウオ~

 

f:id:qggywo:20170131173628j:plain

の追い込み漁?

 

f:id:qggywo:20170131173853j:plain

 

 

f:id:qggywo:20170131174131j:plain

 

f:id:qggywo:20170131174338j:plain

 この日は1日のうちにシロワニ見て、イルカに逢って、クジラも遠目で見たりして今までのダイビング遠征が凝縮されたような1日でした。

 サメなんて、ネブリブカかシュモクザメを遠目で見たことがあるだけでこんな間近で見られるなんて。

 それにイルカってすごいアグレッシブ。近くで泳いでたらこっちに向かって全力で泳いできて寸前で逸れる。これは遊ばれてる。

 

 この日は3本潜りました。品川のmicで買ったベストも役に立ってる、はず。それから東京にいたときに買っておいたバブも粉末状にしてスーツの中に投げ込みます。私が風上でバブを仕込んでいると風下で誰かが咳き込む。申し訳ない。

 

f:id:qggywo:20170131180651j:plain

 3本潜って宿に戻ります。この日は宿に帰ってきてからレンタカーで島内散策へ。次の日は潜らずに丸一日島を巡るつもりだったのですが気持ちは前へ前へと。

 ある浜に下りようと、そばにある駐車場に車を止めて道を探したのですが分からない。茂みの中を分け入っていくのかなとガサゴソ入っていくと飛行機の残骸が!

 夜によからぬところに来てしまった!私たちは大人しく宿に帰りました。次の日、私だけ再びその場所に行くのですが、その話は明日の分で。