読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lotus memories.

ダイビング、旅行、それからカメラ

2014小笠原遠征 1日目

ダイビング 小笠原諸島 旅行 昔話

2014年3月8日

 

f:id:qggywo:20170116075412j:plain

 前日はなんだかんだ夜遅くまで起きてしまいました。いつもより眠たい目をこすりながらやってきました竹芝港。

 なんでも、乗船する人が朝早くから長蛇の列を成しているとネットかどこかで見たもので6時過ぎくらいに行ったのですが、私たちは2番手…。そして、後続の人は全く来ない。

 私たちと1番手のこの人はネットの情報にまんまと騙されてこんな朝早くに着たのではないか?そんなことを思いつつ。

 

f:id:qggywo:20170116075821j:plain

 今から小笠原に出航するというのに海人の袋に入った土産を持っている図。不思議である。

 

f:id:qggywo:20170116075943j:plain

 今まで長距離の移動は飛行機ばかりの私たちにとって船旅は新鮮。しかも、乗船時間は25時間と私は経験したことない長さ。目の前にある6000トンの船体にわくわくする一行。

 

f:id:qggywo:20170116081050j:plain

 私たちは一番安い2等船室、いわゆる雑魚寝の部屋。そこに荷物を置いて上甲板にあがります。船が出港するところを眺めて、船内を探検して…。

 

 

f:id:qggywo:20170116081504j:plain

寝る。

 私たちはもう疲れているのだ。他の乗船客はこれから旅が始まる!というときに。この広い2等船室で出航早々本気で寝に入っているのは私たちぐらいなものだ。

 そもそも昨日のこの時間はまだ与那国島に居たのだ。他の乗船客に「いや~、昨日与那国島から来て、疲れちゃって☆」みたいな話をしても理解されないことだろう。

 

f:id:qggywo:20170116082106j:plain

 起床。

 すこし物憂げな目で外を見てみる。なんというか「知らぬ間に船に乗せられた。」とか「なんでこんなことをしているんだろう。」そんな感じである。

 

f:id:qggywo:20170116082342j:plain

 寝て元気を取り戻した一行。人生ゲームをやります。でも、これすごいやりにくかった。お札が小さすぎて。

 

 初めての船旅は楽しかった。大きい船故に設備も整っているし、揺れも少ない。

 明日はいよいよ父島到着。

 それでは。